バカラの基本ルール

基礎知識
12 /04 2016
バカラとは、バンカー(胴元役)と、プレイヤー(客役)の仮想の二人による勝負です。
実際にゲームをプレイしているのは仮想の人物であるため、カードを引く引かないなどの選択は出来ません。
あなたは「プレイヤー」側が勝つか「バンカー」側が勝つかを予想してベットします。
「タイ(tie)」といって、引き分けに賭けることも出来ます。

点数の数え方
bakara_kazoe.jpg
・1~9はそのまま数えます。
・10、J(ジャック)、Q(クイーン)、K(キング)は10と数えます。

ゲームのルール
プレイヤーとバンカーの、カードの合計数の1の位が高い方の勝ちとなります。
数え方は、10の位は数えずに1の位だけを数えます。 つまり、「9点」が一番高い点数となります。
bakara_syoubu.jpg

ゲームの流れ
bacaimg.jpg

どちらが勝つか(引き分けも可)予想しベットします。
ゲームが始まると、プレイヤーに2枚のカード、バンカーにも2枚のカードが配られます。

最初に配られる2枚で、どちらかの合計が「8」又は「9」の場合、ナチュラルと呼ばれその時点で勝負となります。
点数の高い方が勝ちとなります。
※引き分け(プッシュ)は、賭け金が返金されます。

プレイヤーもバンカーもナチュラルでない場合は、プレイヤーがもう一枚引くかどうかということになります。

・プレイヤーの場合
最初の2枚の合計が0~5であれば3枚目のカードを引く。
6~9場合は、引かずに勝負。
player_koudou.gif
・バンカーの場合
最初の2枚の合計が6以下で、プレイヤーの方が高い場合は追加。
7以上なら、引かずに勝負。
banker_koudou.gif

最終的に点数が高いほうが勝ちとなります。

プレイヤーにベットしていた場合、ベット額の2倍が払い戻されます。
バンカーにベットしていた場合、ベット額の2倍から※5%(コミッション)が差し引かれた額が払い戻されます。
プレイヤーかバンカーにベットしているときに、引き分け(タイ)になった場合は賭け金は戻ってきます(プッシュ)。
タイ(tie)ベットしていた場合、ベット額の8倍が払い戻されます。

実際は細かいルールは知らずとも、自動的に進行しますので、どちらが勝つかだけに集中しても構いません。
ですが、ルールを知ることにより、よりくエキサイティングに楽しむことが出来るでしょう。

以上が基本的なルールとなります。

バカラ戦略
運任せのゲームであり、介入する余地がありません。
バンカーがやや有利なので、バンカーにベットすることが基本ですが、5%のコミッションをどう考えるかです。
マネーシステムを利用したベット額のコントロールでうまく立ち回ってください。

まずは無料プレイで腕を磨いてみてはいかがでしょうか?
baccarat_icn.jpg

絞れるバカラ体験はこちら
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人:パセリ

オンラインカジノ歴5年目に突入!オンラインカジノのスロットをこよなく愛しています。もちろんパチンコ・パチスロも大好き。

RSSを購読する このエントリーをはてなブックマークに追加