スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインカジノの歴史

そのほか
12 /06 2016
インターネット上に、世界初のオンラインカジノが誕生したのは1996年と言われています。
ランドカジノは1931年にネバダ州で許可されたのが最初と言われていますので、オンラインカジノの歴史はまだ浅いと言えます。
しかし、インターネットの普及により、プレイヤー数は 年々増加を続けておりその数は全世界で3000万人以上とも言われています。気になる日本のプレイヤー数は40万人以上と推測されています。

はじめてのライセンス
1994年、南米ベネズエラの北東に位置する島国、アンティグア・バーブーダという国で、オンラインギャンブリングのライセンス発行に関する法律が制定されました。
antigua.jpg

この法律により、ライセンス認可を受けた企業が、インターネット上でカジノ事業を運営することが可能となりました。
同年、マイクロゲーミング社が設立され、オンラインカジノソフトウェア開発がスタートします。
micro_logo1.gif

翌年にはクリプトロジック社も設立されました。

世界初のオンラインカジノ


法律の制定から2年後の1996年11月、世界で最初のオンラインカジノであるインターカジノが生まれました。
今現在も、20年に渡って営業を続けています。
inter_logo.jpg

オンラインカジノ黎明期

その後1998年~2000年頃のインターネットの爆発的な普及に伴い、たくさんのオンラインカジノが誕生しました。
この頃から営業を続けているカジノ
ジャックポットシティ
jp.jpg

しかし、中にはいわゆる悪徳カジノも多数存在しました。
・払い戻しを受け付けない
・不正ソフトを使用
・システムのバグが多い
・夜逃げ同然の閉鎖
・サポートの質が悪い
・虚偽のライセンスで営業している
・ボーナス乱用者として締めだすetc...
※現在はプレイヤー、第三者機関の努力により、そのような悪質カジノは淘汰されつつあります。(完全になくなったわけではありません)

そんな中、世界的なオンラインカジノポータルCasinomeister(カジノマイスター)も設立されました。
各カジノのランク付けを行っており、信用できるオンラインカジノか確認できます。
カジノマイスター
翻訳してでも見ることをお勧めします。

1999年にはマイクロゲーミングと共に称されるプレイテック社が設立されました。
playtech_logo.jpg



オンラインカジノ成長期


2000年中頃になると、PCの性能向上と共にソフトウェアの進化が進みました。
特に老舗のマイクロゲーミング社、プレイテック社の美しい映像のゲームは圧巻です。
wijyan_game.jpgmicro_jpt_syoukai.jpg

また、ネットの通信速度の向上により、ディーラのライブ映像を見ながらのプレイも可能になりました。

モバイル時代へ
mbile_casino.jpg

スマートフォンの普及に伴い、近年は各カジノでモバイル対応が進んでいます。
PC版と全く遜色のないゲームがいつでもどこでもプレイ可能になりました。
決済方法も進化し、全てが手の中で完結できる時代になりました。

オンラインカジノのこれから

オンラインカジノの歴史は20年程と、まだまだ浅いものです。
ですが、技術・ネットワークの発展とともに急速に普及しています。
ただ、ギャンブルと言う側面、依存症問題などネガティブなイメージが大きいのも事実です。
カジノ法案も制定されました。
オンラインカジノにどのような影響があるかは現時点では分かりません。

唯一つ言えることは、今後オンラインカジノは進化と発展を続けていくことは間違いありません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人:パセリ

オンラインカジノ歴5年目に突入!オンラインカジノのスロットをこよなく愛しています。もちろんパチンコ・パチスロも大好き。

RSSを購読する このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。