スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインカジノの税金について

基礎知識
12 /07 2016
tax_img2.jpg
オンラインカジノの勝利金は一時所得になります。

所得の種類としては、競馬や競輪の配当と同様の扱いを受けることになります。
1月1日~12月31日までの勝利金収入を確定申告し、税金をおさめる必要があります。

税金の計算方法
仮に6回プレイしたとします。
・1月1日: 10万円ベットで50万円獲得 (利益40万円)
・4月1日: 10万円ベットで5万円獲得 (損失5万円)
・6月1日: 20万円ベットで獲得なし (損失20万円)
・10月1日: 30万円ベットで50万円獲得 (利益20万円)
・12月1日: 10万円ベットで250万円獲得 (利益240万円)

まずは所得税法第34条第2項 一時所得を計算します。
式:総収入-総支出-特別控除額(最高50万円)=一時所得

■注意点■
ギャンブルの場合、”損失額”を”支出額”として計算できません。

総収入(40+20+240)-総支出(0)-特別控除額(50)=250万円

一時所得は250万円です。


次に、所得税法第22条第2項第2号 所得税の計算です。
式:一時所得×1/2=所得税

一時所得(250)×1/2=125万円

所得税は125万円となりました。

会社員であれば、会社からもらった源泉徴収票と一緒に、税務署にて確定申告をしてください。

オンラインカジノの勝利金合計が50万円未満の場合、税金はかかりません。
ただし、”損失額”を”支出額”として計算できませんので注意してください。

keiba_img2.jpg
競馬や競輪などで、50万円以上勝っている人はたくさんいます。ですが、確定申告している人はほぼいないと言っていいでしょう。配当金を現金で受け取っているためです。

しかし、オンラインカジノの勝利金を銀行送金や小切手で受け取っている場合は証拠が残ります。
ジャックポット獲得などで大きく勝利した場合は、きちんと納税しましょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人:パセリ

オンラインカジノ歴5年目に突入!オンラインカジノのスロットをこよなく愛しています。もちろんパチンコ・パチスロも大好き。

RSSを購読する このエントリーをはてなブックマークに追加

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。